少しでも高く売って新車を安く購入

車のローン残債がある時のカーコン・マーケットでの売却手続き

ほんの少しでもいいから車を高値で売りたい。そんなかたに力になれるサイトです。

少しでも高く売って新車を安く購入 > 日々のつづり > 車のローン残債がある時のカーコン・マーケットでの売却手続き

車のローン残債がある時のカーコン・マーケットでの売却手続き

自動車というのは、購入時にローンが用いられている場合があります。自動車というのは、少々まとまった金額が発生しますね。このためローンを用いている車を、お持ちの方もいらっしゃるでしょう。そして人によっては、ローンが残っている車を売却したいと思っている場合があります。

 

ところでカーコン・マーケットというシステムを用いると、個人間売買での車売却が可能です。では上記のように車のローンが残っている方の場合は、どのような手続きが必要となるのでしょうか。

 

まずは金融会社の所有権を解除する手続きが必要になります。そもそもローンが残っている時には、所有権はディーラー店や金融会社などになっている場合がほとんどです。新オーナーに車を売却するためには、必ずその権利を外しておく必要があるのです。

 

このため、まずは自力で残債を処理する必要があるのです。そのために、まずはローン会社に連絡をします。その連絡なのですが、必ず本人が電話を行う必要があります。代理人による電話は受け付け不可となるケースがほとんどなので、注意が必要です。

 

連絡をした後は、ローン会社から返済を全て完了するよう伝えられる筈です。その指示通り、一括返済などを用いて所有権を解除しておく必要があります。

 

解除後は、その車の所有者から委任状などが送付されます。それを用いて、今度は車の名義を売却者本人に変更しておく必要があるのです。

 

つまりローン残債の返済、ローン会社への連絡、書類の受け取り、名義変更手続きという流れですね。それらの手続きを全て完了させれば、カーコン・マーケットを通じて車を売却できるようになります。カーコン・マーケットがその手続きを代行してくれる訳ではありませんので、注意が必要です

関連記事