少しでも高く売って新車を安く購入

少しでも高く売って新車を安く購入

ほんの少しでもいいから車を高値で売りたい。そんなかたに力になれるサイトです。

知っておきたい車の査定でのチェック項目

車の査定を受ける時に必ず通らなくてはならないのが査定士による実車査定です。
せっかくなのでより高い金額で売りたいというのは誰もが思うところでしょうが、一体査定士は車のどのあたりをチェックするのでしょうか?

 

ここでは査定士の一般的なチェック項目を紹介しましょう。
まずは、よくオンラインでの一括査定サイトなどで出てくる概算査定です。
これは実車の査定前にある程度の価格提示がなされますが、どのように算出されているのかというと、車種の年式や走行距離に当てはめられております。

 

しかし、あくまでこれは概算ですので、あなたの愛車も同じ価格とは限りません。
そこに実車査定が組み合わせされるのです。

 

まず、ボディーカラーなども査定対象になります。これはオートオークションなどの販売結果を元にして人気のカラーなどにプラス査定されるのです。
トレンドに合わせてこの価格は変動していきます。

 

 

次は外観をチェックします。ここでは、キズやヘコミがないかという事に加えて、大切にオーナーが扱っているかというところを判断します。
つまり、しっかりと洗車とワックスをしてあるという車にはプラスの査定が付くことがあるのです。
内装も同様で、しっかりと整頓されているのか、あるいはシートがタバコの臭いや焦げ跡など付いていないかというチェックを行います。

 

車内の臭い対策を行うことで査定ダウンを防ぐことも出来ると覚えておきましょう。

 

続いて、エンジンルームもチェックします。もし事故車である際などは必ず先に査定士に伝えるようにしましょう。
相手はプロですので隠していても必ず分かります。むしろ先に伝えることで信頼感が増し、すこしオマケの査定が付くこともあるのです。

下回りも大事なチェック項目、足回りではタイヤの残り溝も査定対象です。

特にスタッドレスタイヤの減り方は査定ダウンに繋がりますので、夏タイヤを装着しているほうが大きなダウンに繋がらないという傾向があります。

 

このように、査定内容を先に抑えておけば対策も取れますね。ぜひ参考になさってより高額査定を目指してください。